アスベスト(石綿)裁判を相談・依頼する弁護団・弁護士について<アスベスト裁判を考えている被害者の方々へ>

アスベスト(石綿)裁判を相談・依頼する弁護団・弁護士について<アスベスト裁判を考えている被害者の方々へ>

2020.08.11

全国労働安全衛生センター連絡会議のホームページに、アスベスト(石綿)裁判を相談・依頼する弁護団・弁護士を見極める際のポイントを解説した記事[アスベスト(石綿)裁判を相談・依頼する弁護団・弁護士について <アスベスト裁判を考えている被害者の方々へ>]が掲載されました。

全国労働安全衛生センター連絡会議は、アスベスト事案にとどまらず、長年、労災事案一般について多数の情報を収集・分析し、被害者の視点から発信を続けています。

今回の記事では、アスベスト裁判を相談したり依頼したりするときのポイントは、アスベスト被害についての裁判において判決を得た経験があるかどうかが重要だとして、泉南アスベスト国賠訴訟や三井倉庫損害賠償訴訟、中央電設損害賠償訴訟などで最高裁判決を勝ち取り、建設アスベスト訴訟を闘っている当弁護団も、アスベスト裁判、事件を依頼すべき「アスベスト裁判で判決実績のある経験豊富な弁護団」として紹介されています。

*全国労働安全衛生センター連絡会議[アスベスト(石綿)裁判を相談・依頼する弁護団・弁護士について <アスベスト裁判を考えている被害者の方々へ][アスベスト裁判で判決の実績がある弁護団、弁護士かどうか

 

 

 

 

 

アスベスト被害ホットライン
0120-966-329

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

0120-966-329

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 私たちは建設アスベスト大阪訴訟を提起・追行し、いま、最高裁で闘っています。
  • 詳しく見る >
  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。