泉南アスベスト国賠訴訟の経緯と意義について

泉南アスベスト国賠訴訟の経緯と意義について

2020.08.04

全国労働安全衛生センター連絡会議のホームページに、大阪・泉南アスベスト国賠訴訟に関する記事が新たに掲載されました。永尾俊彦著『国家と石綿 ルポ・アスベスト被害者「息ほしき人々」の闘い』(2016年・現代書館)や新聞記事、労働法律旬報の論文などを紹介しながら、裁判の経緯と意義が詳しく解説されており、当弁護団も紹介されています。是非ご覧下さい。

*全国労働安全衛生センター連絡会議[泉南アスベスト国賠訴訟の経緯と意義について

*全国労働安全衛生センター連絡会議[泉南の石綿被害を調査し、警鐘を鳴らした医師たち-瀬良好澄、梶本政治-新聞記事にみる泉南アスベスト国賠訴訟前史

*全国労働安全衛生センター連絡会議[大阪アスベスト国賠泉南一次訴訟の意義と特徴/村松昭夫

*全国労働安全衛生センター連絡会議[泉南アスベスト国賠(工場型)

 

 

アスベスト被害ホットライン
0120-966-329

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

0120-966-329

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 私たちは建設アスベスト大阪訴訟を提起・追行し、いま、最高裁で闘っています。
  • 詳しく見る >
  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。