弁護団紹介

私たちは、全てのアスベスト被害の「救済」と「根絶」を目指します。

経験豊富な弁護団が、様々な手法を駆使して、相談者の皆さまのために最善を尽くします。

 私たちは、全てのアスベスト被害の救済と、新たな被害発生の防止、ノンアスベスト社会の実現を目指して活動している弁護士の集まりです(旧称:大阪じん肺アスベスト弁護団)。
 1987年からじん肺訴訟に取り組んできた「大阪じん肺弁護団」に、労災・公害問題等を得意分野とする多数の弁護士が結集し、2005年から本格的にアスベスト問題に取り組んできました。30数名の弁護士が所属し、大阪・兵庫・奈良・和歌山といった近畿圏を中心に相談・依頼を受けています。アスベスト被害は理不尽な人災です。危険性を知りながら規制や対策を怠った国や企業の責任を明らかにすることは、新たな被害発生の防止のためにも重要です。
 私たちは、アスベストによる不治の病に苦しむ患者や大切な人を奪われた家族に寄り添いながら、最新の情報と豊富な経験を活かして、最善を尽くします。一人残さず救済し、一人の被害者も出さない規制や対策を実現することが、私たちの目標です。


団長 村松昭夫

団長 村松昭夫



弁護団の特長

一人でも多くのアスベスト被害者が救済されるよう活動しています

一人でも多くのアスベスト被害者が救済されるよう活動しています

 私たちは、労災・石綿救済法の申請や、国や企業に対する裁判・解決交渉等に取り組み、広くアスベスト被害者が救済されるよう積極的に活動しています。
 これまでのご相談は1000件を超え、数百件の事案を解決してきました。工場型(泉南型)国賠訴訟における和解実績も豊富で、企業との交渉や裁判により賠償金を獲得した事例も多数あります。また、一人でも多くの被害者やその遺族を救済するために、前例のない裁判にも挑戦し、救済への道を切り開いてきました。

最高裁での勝利判決と厚生労働大臣の謝罪を勝ち取った弁護団です

最高裁での勝利判決と厚生労働大臣の謝罪を勝ち取った弁護団です

 私たちは、2006年5月に大阪・泉南アスベスト訴訟を提訴し、2014年10月9日、アスベスト被害について国の責任を認めるわが国で初めての最高裁判決を勝ち取りました。これを受けて厚生労働大臣は謝罪し、原告と同様に石綿工場等で被害にあった方々も訴訟上の和解によって救済することを約束しました。このことを契機として、現在の工場型(泉南型)国賠訴訟の和解基準が設けられ、多くの被害者の救済につながっています。

専門医療機関と全国の弁護団との連携

 アスベストによる疾患か否かは専門医による診断が必要な場合があります。私たちは、専門医と綿密に連携をとり、必要に応じて相談者に専門医を紹介し、専門医の説明に付き添うなどしてご相談にあたります。
 また、全国のアスベスト問題に取り組む弁護団、支援団体、患者・家族団体と知恵と力を出し合い、全国各地のアスベスト問題に関する最新の情報を集積しながら活動しています。

月2開催のミーティングで事例を共有

 私たちは、月2回のミーティングを欠かさず開催し、各弁護士が担当する一つひとつの事案を綿密かつ丁寧に検討するなどして、弁護団が一丸となって事案の解決にあたります。

月2開催のミーティングで事例を共有
月2開催のミーティングで事例を共有

様々な手法と適切な解決策を提案

 最新の情報と豊富な経験によって蓄積された様々な手法によって、相談者の皆さまのニーズに応じた適切な解決策を提案します。また、複雑困難な事案であっても、丁寧に検討し、解決に向けて粘り強く対応します。

様々な手法と適切な解決策を提案

弁護団概要・名簿

沿革 1987(昭和62)年  大阪じん肺弁護団を設立
2005(平成17)年  大阪じん肺アスベスト弁護団に改称
2012(平成24)年  大阪アスベスト弁護団に改称
団長 村松昭夫
【略歴】
1982(昭和57)年 弁護士登録
日本弁護士連合会公害対策・環境保全委員会元委員長
元京都大学客員教授(環境法事例演習)
全国公害弁護団連絡会議代表委員
日本環境会議副理事長など
西淀川大気汚染公害訴訟、その他道路公害訴訟弁護団に参加
構成 弁護士33名(2020年9月現在)
【弁護団名簿 (PDF) 】
活動目的・理念 アスベスト被害に苦しむ被害者・家族の救済を中心に、新たなアスベスト被害の発生防止をも実現すべく、全てのアスベスト被害の救済と根絶を目指して活動しています。
取扱事件 大阪・泉南アスベスト国家賠償請求訴訟
関西建設アスベスト大阪訴訟
国に対する損害賠償請求訴訟(工場型(泉南型)国賠訴訟)
企業に対する損害賠償請求事件(交渉・訴訟)
労災申請・審査請求・再審査請求
労災不支給決定に対する取消訴訟
取扱地域 主に、大阪府・兵庫県・滋賀県・和歌山県・奈良県
※遠方の方も、まずはご相談下さい。信頼できる他の弁護団をご紹介させていただく場合もあります。
主な実績 大阪・泉南アスベスト国賠訴訟(最高裁勝訴判決)
三井倉庫損害賠償請求訴訟(最高裁勝訴判決)
中央電設損害賠償請求訴訟(最高裁勝訴判決)
工場型(泉南型)国賠和解:多数
企業に対する損害賠償請求(勝訴判決・和解):多数
労災・石綿救済法申請:多数
石綿肺がん労災不支給決定取消請求訴訟(勝訴判決)
遺族による死者の個人情報開示請求訴訟(勝訴判決)
連絡先 〒530-0047大阪市北区西天満3-13-9 西天満パークビル4号館6階
奥村昌裕法律事務所気付(大阪弁護士会所属)

弁護団の活動・取り組み

弁護団が獲得した勝訴判決

私たちは、国に対する行政訴訟、企業に対する損害賠償請求など、多数の勝訴判決を獲得しています。

ほか訴訟上の和解により解決した事案、訴訟外の和解により解決した事案など多数。

弁護団の出版物・論文等



  • 『アスベスト被害救済のための労災補償・健康管理手帳・アスベスト新法活用法』(2006年8月30日)+平成24年改訂別冊



  • 『問われる正義 大阪・泉南アスベスト国賠訴訟の焦点』(2012年・かもがわ出版)



  • 『アスベスト惨禍を国に問う』(2009年・かもがわ出版)



  • 『大阪・泉南アスベスト国賠訴訟最高裁判決』(2015年・労働法律旬報1837号)



  • 『アスベスト被害の実態と法的規制のあり方 大阪泉南地域の相談活動から』(2006年・労働法律旬報1617号)



  • 『アスベスト国家賠償訴訟』(2006年・労働法律旬報1629号)

泉南アスベスト国賠訴訟を取り扱った著作物

『アスベスト国家賠償訴訟』
(2006年・労働法律旬報1629号)

『アスベスト惨禍を国に問う』
(2009年・かもがわ出版)

松田毅・竹宮惠子監修『石の綿 泉南編』
(2013年・かもがわ出版)

加藤正文著
『死の棘・アスベスト作家はなぜ死んだのか』
(2014年・中央公論社)

『大阪・泉南アスベスト国賠訴訟最高裁判決』
(2015年・労働法律旬報1837号)

永尾俊彦著
『国家と石綿 ルポ・アスベスト被害者「息ほしき人々」の闘い』(2016年・現代書館)

原一男監督ドキュメンタリー映画
『ニッポン国vs泉南石綿村』(2018年)

『アスベスト被害の実態と法的規制のあり方 大阪泉南地域の相談活動から』
(2006年・労働法律旬報1617号)

松田毅・竹宮惠子監修
『石の綿 マンガで読むアスベスト問題』
(2012年・かもがわ出版)

ザ・ノンフィクション
『おじいちゃんの遺言~あんたとボクの人生最後の3カ月~』
(2013年・フジテレビ)

松田毅・竹宮惠子監修
『改訂新版 石の綿 終わらないアスベスト禍』
(2018年・かもがわ出版)

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

090-3273-0891

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 私たちは建設アスベスト大阪訴訟を提起・追行し、いま、最高裁で闘っています。
  • 詳しく見る >
  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。