最新の解決事例

泉南型石綿国賠、造船関連作業でも和解!

2019.09.10

2019年9月9日(月)、三菱重工業神戸造船所の下請け企業である河原冷熱工業で働き、中皮腫で亡くなった元労働者の遺族が、国に損害賠償を求めた訴訟について、国との和解が成立しました。当弁護団が担当し、今年3月に神戸地方裁判所に提訴していた案件で、半年で解決しました。遺族は、請求どおり国から1400万円余りの支払いを受けます。

造船所での作業は、移動が多く、局所排気装置の設置が困難と考えられる場合もあるため、詳しく事情をお聞きし、必要な調査を行って、弁護士が専門的観点から判断しなければ、泉南型国賠の対象となるかどうかは分かりません。お心当たりの方は、泉南アスベスト国賠訴訟の最高裁判決を勝ち取った当弁護団まで、まずはお気軽にご相談下さい。

*NHK 兵庫NEWS WEB[アスベスト訴訟 国との和解成立]https://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/20190909/2020004830.html

*大阪アスベスト弁護団[造船関連作業で泉南型国賠を提訴]http://www.asbestos-osaka1.sakura.ne.jp/news/1431/

アスベスト被害ホットライン
0120-966-329

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

0120-966-329

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 私たちは建設アスベスト大阪訴訟を提起・追行し、いま、最高裁で闘っています。
  • 詳しく見る >
  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。