学習会「解体工事に伴うアスベスト問題とは」

学習会「解体工事に伴うアスベスト問題とは」

2019.08.31

2019年8月30日(金)、大阪弁護士会において学習会「解体工事に伴うアスベスト問題とは ~築地市場のリスクコミュニケーション事例~」を開催しました。建設アスベスト大阪訴訟の原告や弁護団だけでなく、泉南や京都、神戸などからも50名を超える参加者があり、関心の高さがうかがえました。

講師は、中皮腫・じん肺・アスベストセンターの永倉冬史さん。長く携わってこられた学校のアスベスト問題や、現在取り組んでおられる築地市場のアスベスト除去工事について、とりわけ詳しくお話しいただきました。築地市場のケースは、関係者のリスクコミュニケーション事例としても、アスベスト除去技術の点からも今後のモデルケースとなるでしょう。

過去のアスベストばく露により、今後もアスベスト被害が増え続けることは確実です。だからこそ、アスベスト除去工事、建物改修・解体工事の安全基準を1日も早く底上げし、作業者や周辺住民の新たな石綿ばく露を防がなければなりません。建物解体時のアスベスト対策に補助金制度を創設するなど、現実的かつ実効性のある施策が求められています。

アスベスト被害ホットライン
090-3273-0891

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

090-3273-0891

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 私たちは建設アスベスト大阪訴訟を提起・追行し、いま、最高裁で闘っています。
  • 詳しく見る >
  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。