【建設アスベスト訴訟】京都1陣最高裁弁論、判決日は「追って指定」

【建設アスベスト訴訟】京都1陣最高裁弁論、判決日は「追って指定」

2021.03.23

2021年3月22日(月)、建設アスベスト京都1陣訴訟について、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)で弁論が開かれました。判決日は「追って指定」とされ、後日指定されることになりました。

京都1陣訴訟は、今年1月28日付け最高裁決定により、国と建材メーカーの責任を認めた京都1陣高裁判決が確定しています。

今回の弁論では、京都1陣訴訟の大阪高裁判決が認めていた屋外作業従事者(屋根工)に対する国、建材メーカーの責任が審理されました。屋外であっても、作業者は口元から数十センチのところで、また、近隣対策として養生シートを張って建材を加工するため、粉じんが滞留し、危険性は屋内と同じです。遺族原告のKさんは、「夫が中皮腫になったのは、危ない建材を使っていた証拠ではないか。どうか夫だけを切り捨てないでほしい」と述べました。最高裁には、建築現場の実態を十分に理解し、不当な線引きのない公平・公正な判決を望みます。

これまで神奈川、東京、京都の各1陣訴訟の判決日はいずれも「追って指定」とされています。最高裁判決は5月ないし6月に出されると予想され、4月19日に指定されている大阪1陣訴訟の弁論の際、判決日の言い渡しがあるかどうかが注目されます。

*産経新聞[建設石綿「広く救済を」、京都訴訟結審 最高裁

*時事通信[設石綿、京都訴訟が結審 屋外作業者への責任争点―最高裁

 

 

アスベスト被害ホットライン
0120-966-329

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

0120-966-329

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 私たちは建設アスベスト訴訟を提起・追行し、最高裁で賠償・救済を勝ち取りました。
  • 詳しく見る >
  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。