大気汚染防止法関連の政省令案に対する当弁護団の意見

大気汚染防止法関連の政省令案に対する当弁護団の意見

2020.09.03

2020年9月2日(水)、環境省宛てに、大気汚染防止法関連の政省令案に対する当弁護団の意見を提出しました。各種作業基準、事前調査、完了検査のあり方や資格制度、除去作業時の濃度測定や関係書類の保存期間の問題など、徹底したアスベスト飛散防止という観点から、今回の大気汚染防止法関連の政省令案はまだまだ不十分です。

「大気汚染防止法施行令の一部を改正する政令案」に対する意見(大阪アスベスト弁護団)

「大気汚染防止法施行規則等の一部を改正する省令案」に対する意見(大阪アスベスト弁護団)

「大気汚染防止法施行規則別表第7の4の項下欄ハの規定に基づき環境大臣が定めるもの(案)」に対する意見(大阪アスベスト弁護団)

「大気汚染防止法施行規則第16条の5第2号の規定に基づき環境大臣が定める者(案)」に対する意見(大阪アスベスト弁護団)

アスベスト被害ホットライン
090-3273-0891

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

090-3273-0891

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 私たちは建設アスベスト大阪訴訟を提起・追行し、いま、最高裁で闘っています。
  • 詳しく見る >
  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。