工場型石綿国賠、厚労省が追加で個別通知(リーフレット送付)

工場型石綿国賠、厚労省が追加で個別通知(リーフレット送付)

2021.03.17

2021年3月16日(火)、厚生労働省が、工場型石綿国賠の和解手続きの対象となる可能性のある方にリーフレットを送付しました。

今回は、平成31年(令和元)年度に石綿関連疾患で労災支給決定がされた方々、じん肺管理区分に前回送付時点の状況から決定や変更が生じた方々など43人が対象です。

当弁護団では、泉南アスベスト国賠訴訟の最高裁判決を勝ち取った後、全国の弁護団や被害者団体等と協力し、厚労省に個別通知を行うよう粘り強く要請。その結果、2017年に個別通知が実現し、これまで全国で約800人の被害者・遺族が救済されています。

厚労省は、過去にリーフレットを送付したものの住所不明で返送された方で、別の住所が判明した場合は再度リーフレットを送付するなどして、2017年の第1回から今回までで合計2440人を対象に個別通知を行っています。

黄緑色のリーフレットを受け取られた方は、当弁護団まで遠慮なくご相談ください。

アスベスト被害ホットライン
0120-966-329

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

0120-966-329

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 私たちは建設アスベスト訴訟を提起・追行し、最高裁で賠償・救済を勝ち取りました。
  • 詳しく見る >
  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。