【建設アスベスト訴訟】最高裁に全員救済を要請

【建設アスベスト訴訟】最高裁に全員救済を要請

2019.09.21

全国の建設アスベスト訴訟は、現在4訴訟(神奈川・東京・京都・大阪)が最高裁第1小法廷に係属していることから、2019年1月から最高裁前宣伝と要請を行い、署名約18万筆を提出してきました。

2019年9月17日(火)の第7回最高裁要請では、関西(京都・大阪)中心に、神奈川、東京、九州、北海道からも原告団・弁護団が参加し、「一人親方を労働者と区別せず全員救済を」と訴え。支援に駆けつけた大阪・泉南アスベスト国賠訴訟の元原告Yさんも、自らの経験を踏まえ「同じ苦しみを味わった被害者が理不尽な線引きをされたことには、今も納得がいかない」、「万一、一人親方が線引きされるようなことになれば、国民全体が建築現場の深刻なアスベスト被害やアスベストの危険性を理解できず、ひいてはアスベスト含有建材を使用した建物が対策不十分なまま取り壊され、将来にわたり甚大な被害が発生し続ける」と、一人親方救済の重要性を指摘しました。

この日は、「一人親方に対する国の責任」及び「建材企業の共同不法行為責任」に関する民法学者、行政法学者らの意見書と、これに基づく弁護団の補充書を提出。原告の主張は、法理論的にも余すことなく説得的に論証されています。

 

 

 

アスベスト被害ホットライン
090-3273-0891

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

090-3273-0891

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 私たちは建設アスベスト大阪訴訟を提起・追行し、いま、最高裁で闘っています。
  • 詳しく見る >
  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。