岡崎まゆみ監督作『40年 紅どうだん咲く村で』公開

岡崎まゆみ監督作『40年 紅どうだん咲く村で』公開

2019.08.21

原発のある福井県美浜町に住む男性が、家族とともに原発に頼らない経済的自立を模索し、観賞用植物を育てる姿を撮った岡崎まゆみ監督のドキュメンタリー映画『40年 紅どうだん咲く村で』がシネ・ヌーヴォ(大阪市西区)で始まります。

岡崎監督は、原一男監督・疾走プロダクションのスタッフとして『ニッポン国vs泉南石綿村』の撮影・編集を担当。撮影の合間を縫って、原告と一緒にビラを配るなど、長期間にわたって泉南アスベスト国賠訴訟を支援してくれました。本作には原監督もコメントを寄せています(WEBチラシ裏面をご覧下さい)。

*毎日新聞[ドキュメンタリー映画:原発に頼らない地域へ 模索する男性の姿、映画に シネ・ヌーヴォで31日から]https://mainichi.jp/articles/20190820/ddl/k27/040/306000c

*公式ホームページhttps://benidoudan.themedia.jp/

*WEBチラシhttps://benidoudan.themedia.jp/pages/3123481/page_201908111520

アスベスト被害ホットライン
0120-966-329

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

0120-966-329

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 私たちは建設アスベスト大阪訴訟を提起・追行し、いま、最高裁で闘っています。
  • 詳しく見る >
  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。