石綿肺がん、遅延損害金の起算点は診断日-福岡地裁小倉支部判決

石綿肺がん、遅延損害金の起算点は診断日-福岡地裁小倉支部判決

2019.03.13

2019年3月12日(火)、福岡地裁小倉支部において、アスベスト(石綿)による肺がん患者が泉南型国賠として国に賠償金を求めていた裁判で、国が支払う遅延損害金の起算点は診断日(肺がん発症日)であるとする判決が言い渡されました。

国は、起算点は、診断日よりも後の労災認定日であると主張して和解を拒んでいましたが、不法行為に基づく損害賠償の原則からすれば、「損害発生の日」である肺がん発症日から遅延損害金が認められるとする判断は当然です。最高裁で確定した泉南アスベスト国賠2陣訴訟・大阪高裁判決もこのことを認めています。

国は、これ以上、療養中の患者を苦しめることなく、控訴を断念するとともに、係属中の同種訴訟について、一刻も早く和解に応じるべきです。私たち弁護団は、他団体とともに国に要請書を提出し、今回の判決について控訴しないよう求めています。

*毎日新聞[アスベスト訴訟 遅延損害金の起算「診断日」に 福岡地裁判決]https://mainichi.jp/articles/20190312/k00/00m/040/274000c

*NHK NEWS WEB[アスベスト訴訟 国基準上回る賠償命令 福岡地裁小倉支部]https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190312/k10011845581000.html

*東京新聞[国の遅延損害金、診断日から 肺がんの石綿訴訟で初判断]https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019031201002313.html

国に対して控訴しないよう求める要請書(PDF)

 

 

アスベスト被害ホットライン
090-3273-0891

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

090-3273-0891

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 私たちは建設アスベスト大阪訴訟を提起・追行し、いま、最高裁で闘っています。
  • 詳しく見る >
  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。