石綿被害、住友ゴムの責任を認めた神戸地裁判決

石綿被害、住友ゴムの責任を認めた神戸地裁判決

2018.03.01

2018年2月14日、神戸地裁は、大手タイヤメーカーの住友ゴム工業で働き、中皮腫や肺がんなどで亡くなった元労働者やその遺族(被害者7人のうち5人)に対し、同社の責任を認め、計約5900万円の損害賠償を命じる判決を言い渡しました。

タイヤの製造工程で使用される「タルク」に混入したアスベストと病気との因果関係を認めた判決は初めてです。また、訴訟に至る経緯等を踏まえ、住友ゴムによる消滅時効の援用を権利濫用であり許されないとした点でも画期的です。

*産経新聞[住友ゴム石綿訴訟、5900万円賠償命令 神戸地裁、タルクとの因果関係認定]http://www.sankei.com/west/news/180214/wst1802140088-n1.html

 

 

アスベスト被害ホットライン
0120-966-329

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

0120-966-329

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 私たちは建設アスベスト大阪訴訟を提起・追行し、いま、最高裁で闘っています。
  • 詳しく見る >
  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。