【建設アスベスト訴訟】読売新聞社説「建設石綿訴訟 被害者救済の制度拡充を急げ」

【建設アスベスト訴訟】読売新聞社説「建設石綿訴訟 被害者救済の制度拡充を急げ」

2021.01.06

2020年12月31日(木)、読売新聞が社説「建設石綿訴訟 被害者救済の制度拡充を急げ」を発表しています(以下は抜粋)。

 アスベスト(石綿)の危険性を認識しながら対策を怠り、被害を拡大させた国の責任は重い。被害者を救済する制度を早急に拡充すべきだ。

 早くから健康への悪影響が指摘されていたが、国が石綿の使用を全面禁止したのは2006年で、欧米に大きく後れをとった。国民の健康と安全を軽視したと批判されても仕方があるまい。

 石綿が原因の労災認定は毎年約1000人に及ぶ。半数が建設労働者だ。裁判の負担は大きく、訴訟外で迅速に救済する仕組みを設けることが望ましいだろう。

 解体現場で働く作業員が石綿を吸い込むことのないよう、国は改めて危険性を周知し、飛散防止策を徹底させる必要がある。

 

アスベスト被害ホットライン
0120-966-329

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

0120-966-329

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 私たちは建設アスベスト大阪訴訟を提起・追行し、いま、最高裁で闘っています。
  • 詳しく見る >
  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。