【建設アスベスト訴訟】関西弁護団が大阪地裁に新規提訴

【建設アスベスト訴訟】関西弁護団が大阪地裁に新規提訴

2020.12.22

2020年12月21日(月)、原告3名(大工2名、左官工1名)が、国と建材メーカー11社に対し、損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に提訴しました。

今回の訴訟を担当する弁護団は、アスベスト訴訟(関西)弁護団。私たち大阪アスベスト弁護団と関西弁護団とは、15年前から情報交換や勉強会を行い、それぞれ難しい裁判に取り組んで成果をあげてきました。建設アスベスト訴訟でも、互いに切磋琢磨し、被害者救済を前進させていきたいと思います。

*全国労働安全衛生センター連絡会議[建設アスベスト訴訟-国・建材メーカー相手に新たな提訴~アスベスト訴訟弁護団が大阪地裁に~2020/12/21

アスベスト被害ホットライン
0120-966-329

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

0120-966-329

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 私たちは建設アスベスト訴訟を提起・追行し、最高裁で賠償・救済を勝ち取りました。
  • 詳しく見る >
  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。