【建設アスベスト訴訟】毎日新聞社説「建設石綿で国敗訴確定 放置してきた責任は重い」

【建設アスベスト訴訟】毎日新聞社説「建設石綿で国敗訴確定 放置してきた責任は重い」

2020.12.22

2020年12月22日(火)、毎日新聞が社説「建設石綿で国敗訴確定 放置してきた責任は重い」を発表しています(以下は抜粋)。

 同種の裁判は2008年以降、全国で起こされている。原告側の元作業員は全体で900人を超えるが、提訴までに約400人が死亡し、裁判中に230人余が亡くなっている。国は、この事態を重く受け止めなければならない。

 国が使用を原則禁止したのは06年になってのことで、欧米から大きく遅れた。健康対策より、経済的メリットを優先したと言われても仕方がない。

 被害救済は待ったなしだ。国は残る裁判の結果を待たず、直ちに救済の仕組みづくりに乗り出さなければならない。

アスベスト被害ホットライン
0120-966-329

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

0120-966-329

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 私たちは建設アスベスト訴訟を提起・追行し、最高裁で賠償・救済を勝ち取りました。
  • 詳しく見る >
  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。