【建設アスベスト訴訟】神奈川2陣訴訟・東京高裁に公正判決を求めるアピール提出

【建設アスベスト訴訟】神奈川2陣訴訟・東京高裁に公正判決を求めるアピール提出

2020.05.14

2020年5月14日(木)、建設アスベスト神奈川訴訟の原告団・弁護団が、神奈川2陣訴訟が係属している東京高裁(村上正敏裁判長)に「建設アスベスト訴訟 公正な判決を求めるアスベスト公害・薬害・労災等被害者共同アピール」と「神奈川建設アスベスト訴訟判決に向けた弁護士共同アピール」を提出しました。被害者アピールは、全国の被害者団体など61団体が、弁護士アピールは全国の公害・薬害・労災等の弁護団の他、全国じん肺弁護団連絡会議、全国公害弁護団連絡会議、過労死弁護団全国連絡会議の代表弁護士などのべ51名が賛同しています。

神奈川2陣・東京高裁判決は、8月28日(金)午後3時に言い渡しが予定されています。建設アスベスト訴訟の判決の到達点だけでなく、これまでの公害・薬害・労災等の集団訴訟における司法の役割をも踏まえた判決が期待されています。

神奈川2陣・東京高裁・被害者共同アピール(2020年4月)pdf

神奈川2陣・東京高裁・神奈川建設アスベスト訴訟判決に向けた弁護士共同アピール(2020年4月)pdf

アスベスト被害ホットライン
090-3273-0891

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

090-3273-0891

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 私たちは建設アスベスト大阪訴訟を提起・追行し、いま、最高裁で闘っています。
  • 詳しく見る >
  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。