F社事件(造船会社/船舶の溶接作業)

F社事件(造船会社/船舶の溶接作業)

 2012年、大手造船会社であるF社と中皮腫で亡くなった被害者Xさんの遺族原告Yさんとの間で、裁判上の和解が成立しました。

 Xさんは、1948年から約35年間、大手造船会社であるF社の従業員として、船舶の溶接作業に従事しました。溶接作業は、火除け等に石綿布を使うためアスベストにばく露することの多い仕事です。Xさんの死亡後、2011年に遺族YさんがF社に対して損害賠償請求訴訟を提訴。提訴から1年足らずという比較的短期間で、判決で認められ得る慰謝料とほぼ同水準の解決金を受け取る内容で和解することができました。

私たちにご相談下さい。アスベスト被害に関するご相談は無料です。
  • アスベスト被害ホットライン 090-3273-0891

    ( 平日の10時~18時 )

  • 無料相談申込