三井倉庫事件(港湾倉庫会社/原料石綿の運搬・倉庫内作業)

三井倉庫事件(港湾倉庫会社/原料石綿の運搬・倉庫内作業)

 2009年11月20日、神戸地方裁判所は、神戸港の倉庫会社(三井倉庫)の元従業員が中皮腫で死亡した事案につき、三井倉庫の責任を全面的に認める判決を言い渡しました。港湾労働者のアスベスト被害につき企業の損害賠償責任を認めた全国初の事例です。2011年2月25日の大阪高裁判決もほぼ同様の判断を示し、2013年11月21日の最高裁決定により、三井倉庫に慰謝料約2900万円を含む約3600万円の支払を命じる判決が確定しました。

 被害者Xさんは、1951年から1977年までの約27年間、三井倉庫神戸支店に勤務しました。業務内容は、神戸港小野浜倉庫の内外で、石綿鉱石を含む貨物をトラクター(無蓋のフォークリフト)で運搬する作業が中心でした。1977年に定年退職後は書店を営んでいましたが、1997年2月頃に中皮腫を発症し、1999年6月、77歳で亡くなりました。クボタショック後、Xさんの中皮腫が港湾での石綿ばく露によることを確信した妻Yさんと息子Zさんが、2007年2月5日、三井倉庫に対する損害賠償請求訴訟を提訴しました。

 三井倉庫は、アスベストの取扱いは少量であった、屋外だから希釈される、倉庫業の公益性からやむを得ないなどと主張しましたが、判決は、被害者がアスベストの積み込み時、移動時、倉庫内など様々な場面でばく露したと認定。マスクの着用や安全教育を怠った三井倉庫に安全配慮義務違反があると判断しました。裁判官は「もう終わりにしよう。もう殺してくれ。」と言い残して亡くなったXさんの苦しみ、無念を受け止め、比較的高額の慰謝料を認めました。

私たちにご相談下さい。アスベスト被害に関するご相談は無料です。
  • アスベスト被害ホットライン 090-3273-0891

    ( 平日の10時~18時 )

  • 無料相談申込