製薬工場のタルクによる中皮腫死亡、アスベスト労災認定

製薬工場のタルクによる中皮腫死亡、アスベスト労災認定

2020.11.03

2020年10月30日(金)、中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会が札幌市で記者会見し、製薬会社に勤務していた女性が、ゴム手袋に付着していたタルク(不純物としてアスベストが含まれていたと考えられます)を吸い込んだため中皮腫を発症・死亡したとみられる事案につき、札幌中央労働基準監督署が労災認定していたと発表しました。

アメリカでは、タルク原料のベビーパウダーよるアスベスト被害をめぐって、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)に対して約2万件の訴訟が提起されており、このうち今年10月に1000件余りの訴訟が決着したと報じられています。同社は1億ドル(約105億円)余りを支払い、和解することで合意したとのことです。

日本でも、これまでに製薬会社のほか、看護師やゴム工場の労働者の被害が報告されており、今後さらに、タルクによるアスベスト被害が顕在化することが予想されます。

アスベスト混入ベビーパウダー・タルク問題については、全国労働安全衛生センターが海外情報を含めた詳しい情報を提供しています。

*ブルームバーグ[J&Jがベビーパウダー訴訟約1000件を決着、105億円支払い-関係者

*北海道新聞[ゴム手袋で石綿労災 札幌の製薬会社勤務の女性 道内初認定

*全国労働安全衛生センター[製薬工場でタルク(アスベスト含有、ゴム手袋)にばく露し胸膜中皮腫、労災認定-北海道では初めて~札幌中央労基署

アスベスト被害ホットライン
0120-966-329

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

0120-966-329

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 私たちは建設アスベスト訴訟を提起・追行し、最高裁で賠償・救済を勝ち取りました。
  • 詳しく見る >
  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。