第30回なくせじん肺全国キャラバン東京集結行動・院内集会

第30回なくせじん肺全国キャラバン東京集結行動・院内集会

2019.10.25

2019年10月23日(水)、24日(木)、第30回なくせじん肺全国キャラバンの東京集結行動に参加しました。

23日(水)は、衆議院第一議員会館における院内集会。宮本憲一名誉教授の「アスベスト災害問題の全面解決を」と題する記念講演は、日本のアスベスト問題の発端から現状までを概観され、国の責任を問うことの重要性を改めて確信させるものでした。

24日(木)には、厚労省と交渉。複数の労働局にアスベストアナライザー(現場で非破壊で即時アスベスト分析が可能な計測器)が導入されましたが、台数も活用状況も不十分であり、全国的に充実を図るよう強く要請しました。

じん肺は、古くは金属鉱山などで「ヨロケ」と呼ばれた最古の職業病です。当弁護団は、全国じん肺弁護団連絡会議に所属し、全国の炭鉱じん肺訴訟、トンネルじん肺訴訟などの経験も活かしながら、アスベスト訴訟に取り組んでいます。

 

アスベスト被害ホットライン
0120-966-329

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

0120-966-329

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 私たちは建設アスベスト大阪訴訟を提起・追行し、いま、最高裁で闘っています。
  • 詳しく見る >
  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。