【建設アスベスト訴訟】東京1陣訴訟・最高裁上告受理記者会見

【建設アスベスト訴訟】東京1陣訴訟・最高裁上告受理記者会見

2020.12.17

2020年12月17日(木)、首都圏建設アスベスト訴訟原告団・弁護団・統一本部は、最高裁が国の上告受理申立(不服申立)を退け、国の賠償責任が確定させた決定を受けて、記者会見を開きました。

東京1陣訴訟原告団長の宮島和男(91歳)さんは、電気工。1審の東京地裁判決では、個人事業主のため敗訴でした。東京高裁で逆転勝訴した判決が最高裁で確定。「最高裁の決定を聞き、うれしさとともに、12年間、裁判を闘ってきたことや、多くの原告が亡くなったことが頭に浮かび、電話を切った後、知らず知らずのうちに複雑な涙が出ました」と語りました。

建設アスベスト被害は労災認定者だけでもすでに1万人以上にのぼります。国は、これ以上被害者に裁判を起こさせるのではなく、政治主導ですべての被害者を救済する補償制度を設けるべく、直ちに動き出すべきです。

*NHK[アスベスト訴訟 弁護団「すべての被害者救済する補償制度を」

*毎日新聞[「すべての被災者に謝罪し、早期に全面解決を」 建設石綿訴訟、国の敗訴確定で原告らが会見

*共同通信[アスベスト、命あるうちに解決を 国の敗訴確定で原告が記者会見

アスベスト被害ホットライン
0120-966-329

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

0120-966-329

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 私たちは建設アスベスト訴訟を提起・追行し、最高裁で賠償・救済を勝ち取りました。
  • 詳しく見る >
  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。