【建設アスベスト訴訟】最高裁弁論、判決日は「追って指定」

【建設アスベスト訴訟】最高裁弁論、判決日は「追って指定」

2020.10.22

2020年10月22日(木)、建設アスベスト神奈川1陣訴訟について、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)で弁論が開かれました。判決日は「追って指定」とされ、後日指定されることになりました。

建設アスベスト訴訟は、2008年に首都圏(神奈川、東京)で約400人の原告が提訴したのを皮切りに、その後、北海道、京都、大阪、九州で次々に新たな集団提訴が行われました。現在、埼玉、東北、静岡を含む全国9カ所で裁判が行われており、提訴した原告数は1100人以上(被害者数は900人以上)にのぼっています。

これまで全国各地の地裁判決・高裁判決において、国の責任は14度、建材メーカーの責任は8度認められており、現在、最高裁第1小法廷には、神奈川1陣訴訟の他に3件(東京、京都、大阪の各1陣訴訟)、第2小法廷には1件(九州1陣訴訟)の集団訴訟が係属しています(詳しくは、当弁護団のホームページ「建設アスベスト訴訟」をご覧下さい)。

最高裁判決で、労働者だけでなく一人親方に対する国の責任が認められ、建材メーカーの共同不法行為責任が認められれば、全国の建設アスベスト被害者の救済は大きく前進します。

石綿救済法ができた2006年度から2018年度までの13年間に、労災認定または石綿救済法認定を受けた建設作業従事者は1万人以上にのぼります。全国でまだまだ多くの被害者が埋もれており、当弁護団には次々と建設アスベスト被害者・遺族からの相談が寄せられています。建設アスベスト訴訟についてのご相談は、15年にわたってアスベスト被害の救済と根絶に取り組んでいる「大阪アスベスト弁護団」までお気軽にお問い合わせ下さい。

*日本経済新聞[建設アスベスト訴訟、最高裁で弁論 同種上告審で初

*時事通信[建設アスベスト訴訟が結審 国の責任など判断へ―最高裁

*首都圏 NEWS WEB[建設アスベスト訴訟 最高裁弁論

 

20201028入廷行動

アスベスト被害ホットライン
0120-966-329

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

0120-966-329

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 私たちは建設アスベスト大阪訴訟を提起・追行し、いま、最高裁で闘っています。
  • 詳しく見る >
  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。