H社事件(保温材製造会社/保温材製造作業)

H社事件(保温材製造会社/保温材製造作業)

 2020年4月、H社の元従業員Xさんがびまん性胸膜肥厚等に罹患した事案につき、同社との間で和解が成立しました。

 Xさんは、1987年から1988年までの約1年間、H社に勤務。保温材の製造等の業務に従事した際、アスベストにばく露し、H社を退職した約23年後の2011年11月にびまん性胸膜肥厚等を発症しました。その後、当弁護団に相談・依頼があり、安全配慮義務違反に基づく損害賠償を求めて、H社に対する訴訟を提起しました。

 裁判でH社側は、XさんがH社の業務においてアスベストにばく露する機会はごくわずかであり、短期間であった等と主張し、XさんのH社でのアスベストばく露状況が大きな争点となりました。
 当弁護団では、文書提出命令を通じて労災記録の黒塗り部分を明らかにさせるとともに、元同僚からの聞き取りを実施したほか、裁判所に対し、Xさんが作業をしていた現場での検証を求めるなどして、XさんがH社の業務においてアスベストにばく露したことを立証。これらの立証の結果、裁判所から双方に対し、H社の責任(安全配慮義務違反)があることを前提とした内容の和解案が提示されました。
 その後、双方ともに、裁判所からの和解案を受け入れ、訴訟が終了しました。

私たちにご相談下さい。アスベスト被害に関するご相談は無料です。
  • アスベスト被害ホットライン 090-3273-0891

    ( 平日の10時~18時 )

  • 無料相談申込