【建設アスベスト訴訟】国と和解、基本合意書を締結! - 大阪アスベスト弁護団

【建設アスベスト訴訟】国と和解、基本合意書を締結!

2021.05.18

2021年5月17日の最高裁判決を受け、5月18日、建設アスベスト訴訟の原告団・弁護団等は、建設アスベスト訴訟に関して、国と基本合意書を締結しました。

国は、被害者に謝罪し、係属中の訴訟を和解で解決するとともに、未提訴の被害者については、訴訟によらない制度によって補償を図るとしています。これにより、建設アスベスト被害の救済は大きく前進します。

国との基本合意は、私たち原告団・弁護団が獲得した極めて大きな成果です。しかし、建設アスベスト被害の拡大は、国だけでなく建材メーカーにも重大な責任があります。国による補償だけでは、被害者の完全救済は図れません。

私たちは、引き続き、国と建材メーカーによる「建設アスベスト被害者補償基金」の創設へ向けて、全力を尽くします

*厚生労働省[建設アスベスト訴訟に係る「基本合意書」締結について

建設アスベスト訴訟・基本合意書(2021(令和3)年5月18日)PDF

建設アスベスト訴訟・基本合意書調印式における厚生労働大臣談話(2021(令和3)年5月18日)PDF

アスベスト被害ホットライン
0120-966-329

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

0120-966-329

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 私たちは建設アスベスト訴訟を提起・追行し、最高裁で賠償・救済を勝ち取りました。
  • 詳しく見る >
  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。