【建設アスベスト訴訟】最高裁で国と建材企業に勝訴! - 大阪アスベスト弁護団

【建設アスベスト訴訟】最高裁で国と建材企業に勝訴!

2021.05.17

2021年5月17日(月)、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)は、4件の建設アスベスト訴訟(神奈川、東京、京都、大阪)について、国と建材メーカーの責任を認める判決を言い渡しました。

本判決は、建設アスベスト訴訟に関する初の最高裁判決。最高裁は、労働者だけでなく、一人親方等に対する国の責任を認め、また、建材メーカーの共同不法行為責任を認めました。民法の歴史に新たな1ページを刻む、画期的な判断です。

しかし、最高裁が、屋外作業者に対する国と建材メーカーの責任を否定し、責任期間で救済に線引きしたことは、極めて不当です。

国と建材メーカーは、最高裁判決を真摯に受け止めて謝罪し、係属中の建設アスベスト訴訟を早期に解決するとともに、「建設アスベスト被害者補償基金」を創設して、全ての被害者を救済すべきです。

私たち弁護団は、同じ仕事で、同じ病気になり、同じ苦しみを受けた全ての建設アスベスト被害者が救済されるまで、今後も全力を尽くします。

*【声明】建設アスベスト訴訟・最高裁判決を受けて(2021年5月17日)【PDF】

アスベスト被害ホットライン
0120-966-329

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

0120-966-329

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 私たちは建設アスベスト訴訟を提起・追行し、最高裁で賠償・救済を勝ち取りました。
  • 詳しく見る >
  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。