最新の解決事例

工場型石綿国賠、東レ滋賀工場の元労働者の和解成立、当弁護団で5例目

2021.05.14

2021年5月14日(金)、東レ㈱滋賀事業場で働き、肺がんで亡くなった元労働者の遺族が、国に損害賠償を求めた訴訟について、国との和解が成立しました。当弁護団が担当し、大阪地方裁判所に提訴していました。

被害者は、1960年から2004年まで、東レ㈱滋賀事業場に勤務し、紡糸工程全般の作業に従事。紡糸工程において、生産設備の点検や修理、解体時に断熱材として使用されていた石綿布団などから石綿粉じんにばく露しました。

東レ、東レエンジニアリングの元労働者についての工場型石綿国賠の和解成立は、当弁護団で5例目。これまでの豊富な情報と経験があったため、本件は3回目の期日でスムーズに和解が成立しました。

ナイロンなど化学製品の製造工程では、超高温の原料を取り扱うことから、機械設備の保温材・断熱材として石綿製品が多用され、アスベスト被害が多発しています。アスベスト被害にあわれた方で、国に賠償金を請求できるのかどうか聞いてみたい・・・という方は、遠慮なく当弁護団までご相談下さい。

アスベスト被害ホットライン
0120-966-329

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

0120-966-329

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 私たちは建設アスベスト訴訟を提起・追行し、最高裁で賠償・救済を勝ち取りました。
  • 詳しく見る >
  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。