【建設アスベスト訴訟】ついに最高裁判決、5月17日午後3時 - 大阪アスベスト弁護団

【建設アスベスト訴訟】ついに最高裁判決、5月17日午後3時

2021.04.20

2021年5月17日(月)午後3時、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)に係属中の4つの建設アスベスト訴訟(神奈川、東京、京都、大阪の各1陣訴訟)について、最高裁判決が言い渡されます。

2008年5月の首都圏での初提訴から丸13年、ついに司法の最終判断を迎えます。すでにこれまでの最高裁決定により、国の責任、建材メーカーの責任が一部確定していますが、判決ではその根拠や未確定の部分について、最高裁の判断が示される見込みです。

建設アスベスト訴訟は、全国で被害者約1000人、約20件の訴訟が係属中。残念ながら、今後も被害者が増え続けることが確実です。最高裁には、全ての被害者を救済する歴史的な判決を期待します。

*産経新聞[建設アスベスト訴訟、来月17日に上告審判決 最高裁

*日経新聞[建設石綿、5月上告審判決 最高裁、統一判断へ

*NHK[建設現場のアスベスト集団訴訟 最高裁 来月17日に初の判決へ

*毎日新聞[建設アスベスト4訴訟、最高裁が統一判断へ 5月17日判決

*朝日新聞[同じ労働なのになぜ賠償に違い?最高裁で石綿訴訟

アスベスト被害ホットライン
0120-966-329

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

0120-966-329

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 私たちは建設アスベスト訴訟を提起・追行し、最高裁で賠償・救済を勝ち取りました。
  • 詳しく見る >
  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。