【建設アスベスト訴訟】大阪3陣2次提訴しました! - 大阪アスベスト弁護団

【建設アスベスト訴訟】大阪3陣2次提訴しました!

2021.10.07

2021年10月7日(木)、関西建設アスベスト大阪訴訟の3陣2次提訴を行いました。

最高裁判決後、関西で初めて提訴される建設アスベスト訴訟です。

2次提訴の被害者は9名。全員が療養中の被害者本人です(中皮腫8名、肺がん1名)。

大工、内装工をはじめ、配管工、看板工、ダクト工事現場管理、排煙オペレーター設置業、トラック運転手(建材運搬)など、職種はこれまで以上に多様です。

今回の提訴は、最高裁判決が出ても自らの責任を認めようとせず、なお争い続ける建材メーカーの姿勢を厳しく問うものです。3陣2次提訴の被告建材メーカーは以下の15社(緑色は最高裁判決により責任が確定)。私たちは、今後も建材メーカーの責任を厳しく追及していきます。

AGC株式会社/旭トステム外装株式会社、株式会社エーアンドエーマテリアル、株式会社クボタ/ケイミュー株式会社、神島化学工業株式会社日鉄ケミカル&マテリアル株式会社大建工業株式会社太平洋セメント株式会社、東レACE株式会社、ニチアス株式会社日東紡績株式会社株式会社ノザワ株式会社エム・エム・ケイ、株式会社パナソニック

*毎日放送[「死ぬまでに国やメーカーに責任取ってもらいたい」アスベスト巡り建設作業員らが提訴

*関西テレビ[アスベスト被害・・・建材を運搬していた男性ら、建材メーカーなどに対し提訴

アスベスト被害ホットライン
0120-966-329

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

0120-966-329

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 私たちは建設アスベスト訴訟を提起・追行し、最高裁で賠償・救済を勝ち取りました。
  • 詳しく見る >
  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。