【建設アスベスト訴訟】「一人親方」国と和解成立、大阪高裁 - 大阪アスベスト弁護団

【建設アスベスト訴訟】「一人親方」国と和解成立、大阪高裁

2021.07.08

建設アスベスト訴訟の国の責任を認めた最高裁判決を受け、「一人親方」の「解体工」で破棄差戻しとなっていた大阪1陣訴訟の原告について、2021年7月8日(木)、大阪高裁で国との和解が成立しました。

これにより2011年7月の初提訴から、10年にわたって闘ってきた建設アスベスト大阪1陣訴訟がついに終結しました。最高裁判決後、国との和解が成立するのは全国で初めてです。

遺族原告であるKさんのコメント「長い裁判でしたが、和解が成立しホッとしています。後に続く方も、できるだけ早く和解できることを望んでいます」

大阪では、大阪地裁に2陣・3陣訴訟が係属しており、基本合意書に基づく国との和解協議が進行中です。また、建材メーカーに対する責任追及のための審理も続いています。

*時事通信[「一人親方」国と和解 建設アスベスト訴訟―大阪高裁

*産経新聞[建設石綿訴訟 一人親方と国の和解成立 大阪高裁

*朝日新聞[建設石綿訴訟、作業員側と国が和解 最高裁判決後で初

*毎日新聞[「一人親方」建設アスベスト大阪訴訟、国と和解 最高裁判決後で初

 

 

 

アスベスト被害ホットライン
0120-966-329

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

0120-966-329

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 私たちは建設アスベスト訴訟を提起・追行し、最高裁で賠償・救済を勝ち取りました。
  • 詳しく見る >
  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。